土地と建物の名義が違う家の売却方法を4つ紹介の画像

土地と建物の名義が違う家の売却方法を4つ紹介

お役立ちコラム

「親から譲り受けた土地にマイホームを建てた」「夫婦で名義を分けたい」など、土地と建物の名義が異なるケースは珍しくありません。

しかし、いざ売却となると売却手続きが煩雑になったり、希望の価格で売れなかったりと、頭を悩ませる問題も発生しがちです。

この記事では、土地と建物の名義が違う家の売却方法を4つご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、最適な方法を見つけましょう。



土地や建物をそれぞれ単独で売却する



土地と建物を別々に売却する方法です。

売却手続きが比較的シンプルで、それぞれの所有者が自分の都合に合わせて売却時期や価格などの条件を自由に決められます。

特に、土地と建物の評価額に大きな差がある場合や、売却を急がない場合に有効な手段です。

一方で土地と建物、それぞれに買い手を見つけなければならないため、売却活動が煩雑になり、時間もかかる可能性があります。

また、土地だけ、または建物だけが残ってしまう「中途半端な状態」に陥る可能性も注意点として挙げられます。



土地もしくは建物を買い取り名義を揃えた後に売却する



土地または建物のどちらか一方を、もう一方の所有者が買い取ることで名義を統一してから売却する方法です。

名義が統一されることで、売却手続きがスムーズに進みます。

また、売却価格の交渉や条件の調整も単独所有ならば行いやすいでしょう。

反面、買い取り費用が必要となり、まとまった資金を用意する必要があります。

また、買い取り価格や条件について、所有者同士の話し合いがまとまらないパターンも少なくありません。



土地と建物を名義が違うまま同時に売却する



土地と建物を、名義が異なる状態のまま1つの契約でまとめて売却する方法です。

買い手にとっては、土地と建物を同時に購入できるため、手間が省けて魅力的です。

売主にとっても、別々に売却するよりも早く買い手が見つかる可能性があります。

しかしながら、売却価格や引き渡し時期など売却条件の調整が難しく、契約内容も複雑になりがちです。

また、所有者同士の協力が不可欠であり、意見が対立するとスムーズに売却が進まない可能性もあります。

さらに、名義が異なることで、登記手続きや税金面の処理が複雑になるのもデメリットです。

この方法で売却する場合は、専門家(弁護士や税理士など)のアドバイスを受けながら慎重に手続きを進めましょう。



土地か建物だけを不動産買取業者に売却する



土地または建物だけを不動産買取業者に売却する方法です。

手続きが早く、すぐに現金化できます。

買い手を探す手間も省けるため、時間がない方や、すぐに現金が必要な方に向いている方法です。

そのかわり、一般的な売却に比べて売却価格が低くなる可能性があります。

買取業者は再販を目的としているため、リフォーム費用や利益を考慮して価格を提示するのが通例です。

また、土地だけ、または建物だけが残ってしまうリスクもあります。



まとめ


土地と建物の名義が違う物件を売却する方法は大きく以下の2つです。

・名義を統一した状態で売却する
・名義が違う状態で売却する

物件の状態やライフスタイルによって最適な方法は異なります。

不安であればまずは一度、クラストホームへご相談ください。

クラストホームは暮らしを通じて子育て世代の家族を応援しています。


京都市、長岡京市、向日市の不動産購入、売却、賃貸のことなら


株式会社クラストホームへお任せください。


あなたのライフプランに合わせた物件をご提案いたします。


何でもお気軽にお問い合わせくださいませ。


■□■□■□■□■京都で1番SNSを頑張ってる不動産会社!!□■□■□■□■

・Instagram(@kurasthome)

//www.instagram.com/kurasthome/

・YouTube(クラストちゃんねる)

//www.youtube.com/channel/UC_GAbsSgqpS2yCpWGTZoD-Q

・TikTok(@kurasthome_kyoto)

//vt.tiktok.com/ZSeXfRPrE/

フォロー&チャンネル登録よろしくお願いします!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

”お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 転勤時に自宅を賃貸に出すべきなのか?賃貸に出す3つのメリットを解説の画像

    転勤時に自宅を賃貸に出すべきなのか?賃貸に出す3つのメリットを解説

    お役立ちコラム

  • 旧耐震物件でも住宅ローンが組めるのか?ローンを組むコツを紹介の画像

    旧耐震物件でも住宅ローンが組めるのか?ローンを組むコツを紹介

    お役立ちコラム

  • 不動産鑑定が必要な3つのケースとは?の画像

    不動産鑑定が必要な3つのケースとは?

    お役立ちコラム

  • 注文住宅に太陽光発電を設置する場合の価格やメリット・デメリットの画像

    注文住宅に太陽光発電を設置する場合の価格やメリット・デメリット

    お役立ちコラム

  • 住宅ローンの完済年齢の平均とは?住宅ローンを借り入れる際の注意点も紹介の画像

    住宅ローンの完済年齢の平均とは?住宅ローンを借り入れる際の注意点も紹介

    お役立ちコラム

  • 任意売却の特徴や流れとは?メリット・デメリットも解説の画像

    任意売却の特徴や流れとは?メリット・デメリットも解説

    お役立ちコラム

もっと見る