【不動産売却】古家がある場合はどうやって売却すればいいのか?ケース別に解説します!の画像

【不動産売却】古家がある場合はどうやって売却すればいいのか?ケース別に解説します!

お役立ちコラム

「古い家を売りたいと思っているんだけれど、解体した方がいいの?」
というお悩みをお持ちの方。

今回はそんな方のために、古い家をどのような形で売却すればいいのかを解説します。

売却にお悩みの方は要チェックです。




家は残しておいたほうがいい


結論から言いますと、できれば家を残して販売にかけましょう。

その理由は、

①解体には費用がかかる。 
(売れるか分からないものに費用をかけられるか?)

②古くても建物が残っていれば、リフォーム物件として検討しているお客様の候補に残る。

③更地では分からない日当たりを確認できる。

④ガレージの配置などを実際に確認できる。

というものです。

それでは、建物を残す場合と解体する場合のケースを見てみましょう。


また、今回の件を動画でも説明していますので、是非参考にしてみてください。




建物を残すケース


建っている家が古くても残した方が良い理由は上記にも記載しました。

①解体には費用がかかる。 
(売れるか分からないものに費用をかけられるか?)

これは内容そのままですね。

近年は賃金や燃料費の高騰で、解体にかかる費用も上がっています。

売れなければ手元にお金が入ってこないので、無理をしてまで解体する必要はありません。

②古くても建物が残っていれば、リフォーム物件として検討しているお客様の候補に残る。

これは最近よく目にしますが、解体して新築を建てるよりも、既存の家を活用して住む方が増えています。

非常に古い京町屋でも、そのレトロ感を活かしたい方は、新築をするより費用がかかったとしてもリフォームをしたりするのです。

今では建築技術も上がっているので、購入者さんも検討しやすくなりましたね。

③更地では分からない日当たりを確認できる。

例でいうと2階以上の日当たりのことです。

土地の周りが全て開放的であればいいのですが、京都によくある狭小地の場合、建物の中からでないと日当たりが分からないことが多いです。

これを購入者さんは参考にすることが多いので大事ですね。

④ガレージの配置などを実際に確認できる。

これも、ものすごく広い土地であれば不要かもしれませんが、限られた土地の場合、ガレージや庭のスペースを無駄にできません。

建物が建っていればガレージや庭、テラスなどの配置がイメージできますね。



建物を解体するケース



もちろん、建物を残すことが全てではありません。

更地にした方が良いケースとしては下記が考えられます。

①建っている建物があまりにも小さい場合

例えば、小さい倉庫やコンテナしか建っていない場合、更地にしてすっきりさせた方が良いです。

そこにリフォームをして住めませんし、配置のイメージも湧きにくいからです。

②建物が朽ち果てていて、周辺に迷惑がかかりそうな場合

ある程度家として形が残っていればいいのですが

「屋根が剝がれて飛んでいきそう」
「容易に出入りができそうで防犯に問題がありそう」

であれば、近隣に迷惑がかかってしまうので、解体した方がいいです。

さらに、そのままでは見た目が悪いので購入者さんの印象も悪くなるという理由もあります。

あなたの不動産の状況をしっかり把握して、どうするかを決めましょう。



建物を残す場合の注意点



建物を残すうえで注意する点もあります。

それは、建物は人が住まなくなった途端に劣化が早くなりますので、メンテナンスが不可欠だということです。

具体的には、室内の換気がその一つです。

換気が不十分だと、室内にカビや害虫が発生します。

また、キッチンやトイレ、浴室の排水トラップの水が空っぽになってしまうと、下水の臭いが室内に充満してしまいます。

それを防ぐためにも、定期的に水を流してあげるのが効果的ですね。


ではなぜ、上記が必要なのか。

それは、もし購入者さんが建物を解体することを検討していても、建っている家があまりにも汚いと、土地自体の印象も悪くなってしまうから。

古くても建物をきちんと管理しておけば、購入者さんの印象が良くなり、成約率が高くなります。



まとめ


いかがでしょうか?

古家がある土地の場合、どの状況で売りに出すかの参考になれば幸いです。

もし空家のメンテナンスや解体、家に残っているものの処分で困っているのであれば、担当の不動産会社さんに相談してみてくださいね!


クラストホームは暮らしを通じて子育て世代の家族を応援しています。


京都市、長岡京市、向日市の不動産購入、売却、賃貸のことなら


株式会社クラストホームへお任せください。


あなたのライフプランに合わせた物件をご提案いたします。


何でもお気軽にお問い合わせくださいませ。


■□■□■□■□■京都で1番SNSを頑張ってる不動産会社!!□■□■□■□■

・Instagram(@kurasthome)

//www.instagram.com/kurasthome/

・YouTube(クラストちゃんねる)

//www.youtube.com/channel/UC_GAbsSgqpS2yCpWGTZoD-Q

・TikTok(@kurasthome_kyoto)

//vt.tiktok.com/ZSeXfRPrE/

フォロー&チャンネル登録よろしくお願いします!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

”お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 任意売却の特徴や流れとは?メリット・デメリットも解説の画像

    任意売却の特徴や流れとは?メリット・デメリットも解説

    お役立ちコラム

  • 坪庭の魅力とは?取り入れる際に気をつけるポイントも紹介の画像

    坪庭の魅力とは?取り入れる際に気をつけるポイントも紹介

    お役立ちコラム

  • スキップフロアの魅力とは?デメリットも合わせて紹介しますの画像

    スキップフロアの魅力とは?デメリットも合わせて紹介します

    お役立ちコラム

  • 「低廉な空家等の売買取引における媒介報酬額の特例」の改正とは?の画像

    「低廉な空家等の売買取引における媒介報酬額の特例」の改正とは?

    お役立ちコラム

  • 不動産鑑定と査定の違いは?依頼する流れや費用を紹介の画像

    不動産鑑定と査定の違いは?依頼する流れや費用を紹介

    お役立ちコラム

  • 阪急洛西口駅の「向日ノースゲートウェイ」計画とは?の画像

    阪急洛西口駅の「向日ノースゲートウェイ」計画とは?

    お役立ちコラム

もっと見る