駅徒歩15分の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介の画像

駅徒歩15分の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介

駅徒歩15分の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介

駅が近いなどの利便性が高い賃貸物件は人気が高くなりがちです。
駅近の賃貸物件の方が良いと言われますが、駅から遠い場所にある賃貸物件にもメリットはあります。
今回は、駅徒歩15分の賃貸物件を借りた場合のメリット・デメリットや、選ぶ際のポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

駅徒歩15分は一体どれくらい?

駅徒歩15分というと一体どれくらいの距離なのでしょうか。
物件情報に記載されている徒歩の距離は1分あたり80mです。
そのため、駅徒歩15分の場合は、約1,200mとなります。
駅から賃貸物件までの距離は道路距離にて計算され、その距離を80mで割った時間が駅から徒歩でかかる時間と定義されます。
そのため実際歩いた時間とは異なる可能性がある点を覚えておきましょう。
また、駅徒歩15分を自転車で通行した場合、約6分で駅まで到着できます。
信号などの交通状況よって時間に多少の差はありますが、自転車であれば大幅に時間の短縮が可能です。

駅徒歩15分の賃貸物件のメリット・デメリットとは?

徒歩15分の賃貸物件へ住むメリット・デメリットはどのような点なのでしょうか。
最大のメリットは駅近の賃貸物件より家賃が安いことです。
利便性が良い賃貸物件は、土地代が高いなどさまざまな理由で家賃が高い傾向にあります。
ですが、駅から離れている賃貸物件では同等の間取りでも安く借りることが可能です。
また、条件にあう賃貸物件数は豊富であるというメリットもあります。
駅から遠いというデメリットがあるものの、そこをカバーするために広い間取りやより良い設備が整備されています。
一方でデメリットはどのような点なのでしょうか。
デメリットとしては、日常的に駅を利用する場合は負担になりやすいことです。
通勤通学で駅を利用する場合、往復で30分かかることになり、天候によっては自転車が利用できないと大変です。
また、駅から距離が遠いと夜道を歩く距離が長くなるため、女性の場合は注意が必要です。
そのため、日常的に駅を利用する場合は大きなデメリットとなります。

駅徒歩15分の賃貸物件を選ぶときのポイントとは?

駅徒歩15分の賃貸物件を選ぶときのポイントとはどのような点でしょうか。
駅から15分はどれくらいかかるのか、歩いてみると良いでしょう。
どれくらいの距離があるかなど確認が必要です。
歩いてみることで周辺環境を確認することができます。
そのため、一度駅から賃貸物件まで歩いてみると良いでしょう。
また、駅から距離が遠い場合、自転車を利用する可能性もあります。
自転車を利用することを考えると自転車置き場があると便利です。
そのため、自転車置き場がある点もポイントの1つにすると良いでしょう。

駅徒歩15分の賃貸物件を選ぶときのポイントとは?

まとめ

駅徒歩15分の賃貸物件を借りた場合のメリット・デメリットや、選ぶ際のポイントについてご紹介してきました。
駅から近い賃貸物件も魅力的ですが、より条件に合った賃貸物件を探す場合は、駅から離れた場所も検討すると良いでしょう。
選ぶ際のポイントも押さえて物件を探してみると良いでしょう。
私たち株式会社クラストホームは、京都市、向日市、長岡京市の売買物件を中心に取り扱っております。
子育て世代の家族を全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら