中古マンションをリースバックで売却できる?売却時の注意点も解説!

中古マンションをリースバックで売却できる?売却時の注意点も解説!

リースバックは、自宅を売却したあともそのまま住み続けることができる方法です。
一戸建てで使われることが多い手法ですが、中古マンションもリースバックで売却できるのでしょうか。
今回は、中古マンションと一戸建てのリースバックの違いや、中古マンションを売却する場合の注意点を解説します。

株式会社クラストホームへのお問い合わせはこちら


中古マンションをリースバックで売却できるか?

中古マンションも、不動産会社による査定をクリアすればリースバックでの売却は可能です。
ホームページ上では、リースバックについて「マンション利用不可」などと書かれていないケースがあります。
中古マンションをリースバックできるか疑問に思う方が多いのは、明確に記載されていないためです。
ただし、実際に問い合わせてみると、そもそもマンションは利用不可でお断りされるケースがあることは覚えておきましょう。

▼この記事も読まれています
新築したマイホームをすぐに売却!できるだけ高く売って清算するための方法

中古マンションをリースバックで売却する際の一戸建てとの違い

中古マンションと一戸建てのリースバックの大きな違いに、現地調査が挙げられます。
現地調査とは、家を買い取る業者が現地に行き、どれだけ価値があるか調査することです。
一戸建ての場合、建物だけでなく土地も査定対象になり接道状況・上下水道・隣地状況などさまざまな項目を確認しなければなりません。
マンションでは管理や修繕状況といった一戸建てにない調査項目もありますが、確認しなければいけない項目が少なくなります。
もう1つの違いは、査定において一戸建てより中古マンションのほうが築年数の影響を受けやすい点です。
一戸建ては築15年で建築価値は20%下がりますが、マンションの場合は購入直後に建築価値が10%下がります。
一戸建ての場合は土地があるため、多少土地の変動があったとしても価値は変わりません。
また、マンションをリースバックすると管理費や修繕積立金が不要になる点も違いの1つです。
現在のマンションで修繕積立金が高い場合は、リースバックをすると修繕積立金が不要になります。

▼この記事も読まれています
不動産オークションとは?一般的な流れやメリットを解説!

中古マンションをリースバックで売却する際の注意点とは?

中古マンションをリースバックで売却して、そのまま住み続ける場合の注意点として管理組合から外れてしまうことが挙げられます。
管理組合はマンションの所有者が加入するもので、所有者ではなく「借主」になると組合員の資格を失うのです。
組合の総会に出席できなくなり、周りの入居者に自宅を売ったことを気付かれてしまう可能性もあるでしょう。
次に、マンションの立地によって査定の通りやすさが大きく違うことにも注意が必要です。
駅に近い・買い物に便利といった条件に該当しない場合はリースバックの利用が難しくなるため、別の売却法も考えましょう。

▼この記事も読まれています
事故物件はリフォームで資産価値を維持できる?費用や注意点も解説!

中古マンションをリースバックで売却できるか?

まとめ

中古マンションでも一戸建てと同様に、査定に通ればリースバックで売却可能で、そのまま住み続けることができます。
リースバックを希望する方は、マンションは利用不可でお断りされる可能性もあるため注意が必要です。
京都市で不動産をお探しなら株式会社クラストホームへ。
子育て世代の家族を全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社クラストホームへのお問い合わせはこちら


株式会社クラストホームの写真

株式会社クラストホーム メディア担当

京都市で不動産をお探しなら、地元密着の株式会社クラストホームにお問い合わせください。マンションや戸建などの売買物件や、ファミリー向けなどの賃貸物件を豊富にご用意しています。ブログでは賃貸物件や不動産売却に関する記事をご紹介します。