共有名義で土地を購入するメリットは?デメリットや注意点も解説!

共有名義で土地を購入するメリットは?デメリットや注意点も解説!

土地を夫婦、もしくは親とお金を出し合って共同で購入する際には共有名義にする必要があります。
しかし共有名義とは何なのか、どのような点に気を付ければ良いのかがわからずに頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は共有名義の概要にくわえ、土地を共有名義で購入するメリットやデメリット、注意点について解説します。

株式会社クラストホームへのお問い合わせはこちら


共有名義とは?

共有名義は、不動産を複数人の名義で登記する方法です。
たとえば、4,000万円の土地を夫婦がそれぞれ2,000万円ずつ負担する場合、それぞれの持ち分を1:1の割合で登記します。
また、親が亡くなって兄弟が不動産を相続する場合にも共有名義で登記されることがあります。

▼この記事も読まれています
不動産購入後にインターネット回線を契約するときの流れと注意点

土地を共有名義で購入するメリット・デメリット

住宅ローンを組んで土地と建物を共有名義で購入する場合、共有名義人それぞれが住宅ローン控除を利用できることが大きなメリットです。
住宅ローン控除は、年末時点における残債の0.7%を最長で13年間所得税と住民税から控除できる制度で、単独名義で購入する場合よりも優れた節税効果が期待できます。
さらに、将来的に共有名義人の一人が亡くなった場合、相続が発生しても、課税対象は共有名義人の持ち分に限定されるため、相続税が単独名義に比べて低くなるメリットもあります。
ただし、共有名義の土地を売却するには、共有者全員の同意が必要です。
相続が進行すると共有名義人が増え、権利関係が複雑になる可能性があるため、この点はデメリットと言えます。

▼この記事も読まれています
家の購入にともなう住所変更とは?住宅ローン・登記・車庫証明について解説

土地を共有名義で購入するときの注意点

土地を共有名義で購入する際の注意点として、出資額に応じて持ち分を登記しなければならないことが挙げられます。
出資額と持ち分割合が異なると、共有者間で贈与が発生したとみなされ、贈与税が課される可能性があるため、慎重に取り組む必要があります。
さらに、離婚時の財産分与において、どちらかが住み続けたい場合には売却が難しいという点も注意点の一つです。
夫の単独名義の場合、不動産の売却資金の分配が比較的スムーズにおこなえますが、共有名義の場合、財産分与が円滑に進まない可能性があることに注意が必要です。

▼この記事も読まれています
スマートハウスとは?購入に必要な費用やメリットをご紹介

共有名義とは?

まとめ

夫婦や親など複数人で不動産を購入する際には、出資額に応じて持ち分割合を登記し、共有名義にする必要があります。
共有名義で不動産を購入すると住宅ローン控除をそれぞれ受けられるなどのメリットがありますが、共有者全員の同意がなければ売却できないデメリットもあるので注意しましょう。
京都市で不動産をお探しなら株式会社クラストホームへ。
子育て世代の家族を全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社クラストホームへのお問い合わせはこちら


株式会社クラストホームの写真

株式会社クラストホーム メディア担当

京都市で不動産をお探しなら、地元密着の株式会社クラストホームにお問い合わせください。マンションや戸建などの売買物件や、ファミリー向けなどの賃貸物件を豊富にご用意しています。ブログでは賃貸物件や不動産売却に関する記事をご紹介します。