住み替えで不動産が売れない理由と対処法について解説!の画像

住み替えで不動産が売れない理由と対処法について解説!

住み替えで不動産が売れない理由と対処法について解説!

売却期間の長期化は不動産売却において多くの売主を悩ませる問題です。
とくに買い先行の住み替えにおいては、一定期間内に現住居を売却しなくてはいけません。
そこで今回は、住み替えの際に不動産が売れない理由と売れないリスクを事前に回避する方法、売れないときの対処法について解説します。

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


住み替えで不動産が売れない理由

住み替えでなかなか不動産が売れない場合、内見希望の有無である程度理由が絞り込めます。
そもそも内見希望がないケースでは、価格設定のミスが原因かもしれません。
物件探しにおいて、価格はとくに重視されるポイントなので、売出し価格が周辺相場よりも大幅に高い場合は、早い段階で候補から外されてしまいます。
また、売り出すタイミングも売却期間に影響する重要なポイントです。
似た条件の物件が多数売り出されている時期や、中古住宅市場の需要が減っている時期は買い手が見つかりにくくなります。
内見希望者はいるのに成約に結びつかない場合は、内見時の対応に問題があるかもしれません。
部屋が汚れている場合や質問に適切な返答ができなかった場合は、購入希望者に悪い印象を与えてしまいます。

▼この記事も読まれています
同棲や出産で現在暮らしている賃貸に入居人数が増える場合の対応は?

住み替えで不動産が売れないリスクを事前に回避する方法

不動産が売れるかどうかは買い手次第なので、価格設定や内見時の対応に問題がなくても、売却期間が長期化するケースも少なくありません。
売却期間の長期化を避けるために事前にやっておきたい対策のひとつは、買取保証を選ぶことです。
買取保証ではまず仲介と同じように買主を探し、一定期間買主が見つからなかった場合は不動産会社によって買取がおこなわれます。
高額売却の可能性を残しつつ一定期間で売却が成立する、仲介と買取のメリットをあわせ持った売却方法です。
また、買い先行ではなく売り先行の住み替えを選択すれば、スケジュールに追われる心配がないため、ゆとりのある売却期間が設定できます。
不動産は基本的に残債があると売却できないので、引き渡し直前のトラブルを避けるためには、事前に残債の金額を確認しておくことも大切です。

▼この記事も読まれています
賃貸住宅のベランダでのプール遊びはNG?~遊んでもよい場合の対策や注意点~

住み替えで不動産が売れない場合の対処法

なかなか不動産が売れない場合の対処法として、まず価格設定を見直してみましょう。
不動産会社としっかり相談し、物件の状態や特徴を考慮した適切な価格で売り出せば、買い手が見つかりやすくなります。
内見から成約に結びつかない場合は、内見対応を見直すことも大切です。
尋ねられそうな質問に対する答えをあらかじめ準備し、物件の魅力がしっかり伝わるようにアピールポイントを言語化しておきましょう。
ホームステージングやハウスクリーニングなど、物件の印象を改善する対処法も効果的です。

▼この記事も読まれています
木造一戸建てのランニングコストはどれぐらいかかるのか解説

住み替えで不動産が売れない場合の対処法

まとめ

住み替えでなかなか不動産が売れない理由としては、価格設定や内見対応、売り出しのタイミングなどが挙げられます。
買取保証や売り先行を選択すれば売却が長引くリスクは回避できるため、不動産会社と相談しながら適切な売却方法を決めましょう。
京都市で不動産をお探しなら株式会社クラストホームへ。
子育て世代の家族を全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


株式会社クラストホームの写真

株式会社クラストホーム メディア担当

京都市で不動産をお探しなら、地元密着の株式会社クラストホームにお問い合わせください。マンションや戸建などの売買物件や、ファミリー向けなどの賃貸物件を豊富にご用意しています。ブログでは賃貸物件や不動産売却に関する記事をご紹介します。