旗竿地とは?購入するメリット・デメリットや注意点をご紹介の画像

旗竿地とは?購入するメリット・デメリットや注意点をご紹介

旗竿地とは?購入するメリット・デメリットや注意点をご紹介

土地の購入を検討しているなかで、旗竿地との言葉を見聞きする方もいるかと思います。
そして、旗竿地について調べてみると後ろ向きな意見を目にする場合もあるでしょう。
そこで今回は、旗竿地とはどのような土地なのかをご説明し、メリットとデメリット、購入時の注意点をご紹介します。

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


旗竿地とは?購入前に確認!

旗竿地とは、道路に接した出入口部分が細長く、奥のほうに家を建てる広さのある土地です。
土地の形が「竿につけた旗」のような形状のため、旗竿地と呼ばれています。
なぜ旗竿地が存在するのか?それは、相続や土地開発によりもとは広かった土地が複数に分割されたからです。
不整形地に分類される旗竿地は、その他に旗竿敷地・敷地延長・路地状敷地とも呼ばれています。
また、正方形や長方形など整形地のほうが設計プランも立てやすく人気があり、取引しやすい土地です。
しかし、都市部では旗竿地も利用価値が高いと考えられており、取引にあがってきます。

▼この記事も読まれています
不動産購入後にインターネット回線を契約するときの流れと注意点

旗竿地を購入するメリットとデメリット

旗竿地は路地状部分の面積も敷地面積となるため、整形地より延べ床面積を広く確保できる可能性があります。
また、路地状部分をうまく利用すれば、植物で溢れるアプローチや庭にする、玄関を設置して広めの土間や玄関収納を作るなどの活用方法も可能です。
建物は奥のほうにあるため、通行人の目や騒音が気になりにくいメリットもあります。
そして整形地よりも坪単価が安く設定される場合が多く、価格が相場より安い傾向にあります。
一方のデメリットは、風通しや日当たりが良くないことです。
道路から奥まった部分に建物があるため、周辺の建物に遮られて日当たりや風通しが悪くなる場合があります。
しかし、間取りで吹き抜けや中庭を作ると光や風を取り込みやすくなり、工夫次第では解決が可能です。

▼この記事も読まれています
家の購入にともなう住所変更とは?住宅ローン・登記・車庫証明について解説

旗竿地を購入する際の注意点

旗竿地に建物を建てるときは、路地全体に2m以上の幅が必要なため、接道部分が2m以上あっても路地の全体または一部の幅が狭いと建築基準法を満たせません。
そのため、幅が十分にあるかを確認する必要があります。
また、電線や水道管などのライフラインが整備されているかを確認してください。
旗竿地が安価であっても、ライフラインの工事を自分でおこなう場合には割高になるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
スマートハウスとは?購入に必要な費用やメリットをご紹介

旗竿地を購入する際の注意点

まとめ

旗竿地を購入する際のメリットとデメリット、注意点をご紹介しました。
整形地と比較すると価格が安く、人目が気になりにくいなどのメリットがあります。
一方で、日当たりや風通しが良くないデメリットもありますが、間取りの作り方を工夫すると解消も可能です。
私たち株式会社クラストホームは、京都市、向日市、長岡京市の売買物件を中心に取り扱っております。
子育て世代の家族を全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


株式会社クラストホームの写真

株式会社クラストホーム メディア担当

京都市で不動産をお探しなら、地元密着の株式会社クラストホームにお問い合わせください。マンションや戸建などの売買物件や、ファミリー向けなどの賃貸物件を豊富にご用意しています。ブログでは賃貸物件や不動産売却に関する記事をご紹介します。