住み替え方法の買い先行とは?メリットや失敗しないためのコツをご紹介!の画像

住み替え方法の買い先行とは?メリットや失敗しないためのコツをご紹介!

住み替え方法の買い先行とは?メリットや失敗しないためのコツをご紹介!

住み替えを検討していると、選択肢として買い先行と売り先行の2つの方法がある事実に気がつくでしょう。
そのうち、買い先行とはどういった住み替え方法なのか、メリット・デメリットはどういったものがあるか気になると思います。
また、買い先行を選んだ場合の失敗しないコツも知りたいのではないでしょうか。
今回は住み替えの方法の1つである、買い先行についてお話しします。

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


買い先行とは?どのような住み替え方法なのか

買い先行とは、新居を先に購入し、引っ越しを完了させてから今まで住んでいた家を売却する住み替え方法です。
具体的な流れとしては以下のとおりです。
まず、新居となる物件を探し購入し、売買契約を締結させます。
次に、新居の引き渡しを受け、引っ越し作業の実施です。
その後、今まで住んでいた家の売却活動を開始します。
買主が見つかれば、売買契約を締結し、今まで住んでいた家を引渡し完了です。

▼この記事も読まれています
同棲や出産で現在暮らしている賃貸に入居人数が増える場合の対応は?

住み替えを買い先行で進める!メリット・デメリットをご紹介

買い先行のメリットは、新居選びにじっくりと時間をかけられる点です。
買い先行の場合、新居の購入が住み替えのスタートになるため、新居選びに妥協なく思う存分時間がかけられます。
また、仮住まいを準備する必要がない点もメリットとなります。
一方、買い先行のデメリットとしては、今の家にローンが残っており、新居の購入にも住宅ローンを組む場合に一時的にダブルローンの状態になる点です。
家の売却が長引けば長引くほど、ダブルローンの状態も長引き、負担が大きくなるため注意しましょう。
また、資金計画の立てにくさもデメリットといえます。
今まで住んでいた家がどの程度の価格で売れるか分からないため、資金計画に組み込みにくいです。

▼この記事も読まれています
賃貸住宅のベランダでのプール遊びはNG?~遊んでもよい場合の対策や注意点~

住み替えを買い先行で進める!失敗しないためのコツとは?

買い先行で住み替えを進める際に失敗しないためのコツは、売却価格の設定です。
ご自身の希望と、今まで住んでいた家の世間一般の相場をすり合わせ、現実的な価格を設定する必要があります。
難しい場合は、地元の情報に詳しい不動産会社へ積極的に相談するようにしましょう。
株式会社クラストホームは、京都市、向日市、長岡京市の不動産情報に詳しく、親身なサポートでしっかりとお客様のお悩み解決に貢献します。

▼この記事も読まれています
木造一戸建てのランニングコストはどれぐらいかかるのか解説

住み替えを買い先行で進める!失敗しないためのコツとは?

まとめ

住み替え方法の1つである買い先行についてお話ししました。
新居選びにゆっくりと時間をかけられるメリットはありますが、ダブルローンの状態が長引くと負担が大きくなるというデメリットもあるため、注意が必要です。
地元の情報に強い不動産会社に積極的に相談し、後悔のない選択をしましょう。
京都市で不動産をお探しなら株式会社クラストホームへ。
子育て世代の家族を全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


株式会社クラストホームの写真

株式会社クラストホーム メディア担当

京都市で不動産をお探しなら、地元密着の株式会社クラストホームにお問い合わせください。マンションや戸建などの売買物件や、ファミリー向けなどの賃貸物件を豊富にご用意しています。ブログでは賃貸物件や不動産売却に関する記事をご紹介します。