長岡京市の長岡京市立長岡第四中学校とは?概要と特徴をご紹介の画像

長岡京市の長岡京市立長岡第四中学校とは?概要と特徴をご紹介

長岡京市の長岡京市立長岡第四中学校とは?概要と特徴をご紹介

長岡京市に住まいを検討中の方にとって、地元にどのような教育機関があるのかは気になるポイントではないでしょうか。
そこで今回は「長岡京立長岡第四中学校」の概要をご紹介します。
学校が掲げている教育目標やスローガン、部活動やいじめ防止対策などから、学校の特徴をチェックしておきましょう。

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


長岡京市立長岡第四中学校の概要

長岡京市立長岡第四中学校は、京都府長岡京市下海印寺西山田にある公立中学校で「四中」の愛称で親しまれています。
沿革によると1980年代の人口増加に伴い建設が計画され、1985年4月に開校し、1988年からは現在も制服に採用されているブレザーの着用が始まりました。
校訓は「自分を大切に・人を大切に・物を大切に」学校教育目標は「自ら学ぶ意欲をもち、生命と人権を尊重し、心豊かに健康でたくましく生きぬく生徒の育成」です。
スローガンとしては「笑顔輝く 長四中 LIFE」を掲げており、創造・共生・継続の3点を「目指す生徒像」として育成しています。

●所在地:京都府長岡京市下海印寺西山田1番地の1
●アクセス方法:「長岡第四中学校前」バス停より徒歩1分

▼この記事も読まれています
京都府長岡京市のおすすめ和食ランチをご紹介

長岡京市立長岡第四中学校の特徴

魅力ある学校づくりの推進策として「心の居場所」「絆づくりの場」としての集団作りの充実や、多様化・複雑化する人権問題の解決にむけた、3年間を見通した人権教育の推進などを挙げています。
部活動では体育系として陸上競技部やサッカー部など合計10部、文科系として吹奏楽部と美術部の2部を設け、グラウンドの面積は私立中学校で第3位です。
いじめ防止に向けた対策としては校内に「いじめ対策委員会」を置き、校長や教頭、状況に応じてスクールカウンセラーなどの専門家が適宜参加します。
いじめの早期発見のための取り組みとしては「情報の集約と共有」「相談体制の整備と周知」などを挙げており、1年に2回の質問紙調査や聞き取り調査を実施中です。
万一いじめを発見した場合は、生徒や保護者への支援をおこなうなどの対応をとるほか、SNSなどインターネット上のいじめにも対応し、情報モラル教育も推進しています。

▼この記事も読まれています
向日市にある民間の学童クラブの特徴を解説

長岡京市立長岡第四中学校の特徴

まとめ

長岡京市立長岡第四中学校は「四中」の愛称で親しまれる公立中学校です。
市内で3番目に大きいグラウンド面積を誇ることが特徴的で、多くの生徒がさまざまな部活動に励んでいます。
いじめ防止に向けた対策も徹底し、インターネットに関する情報モラル教育もおこなうなど、先進的な取り組みを見せる中学校です。
京都市で不動産をお探しなら株式会社クラストホームへ。
子育て世代の家族を全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

株式会社クラストホームへの問い合わせはこちら


株式会社クラストホームの写真

株式会社クラストホーム メディア担当

京都市で不動産をお探しなら、地元密着の株式会社クラストホームにお問い合わせください。マンションや戸建などの売買物件や、ファミリー向けなどの賃貸物件を豊富にご用意しています。ブログでは賃貸物件や不動産売却に関する記事をご紹介します。